スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反論

アメリカの銃乱射事件があって、銃規制すべきだという世論に対して、銃の愛好家の市民団体であるNRA(全米ライフル協会)が反論した。
「銃を持った悪い人を止めるのは銃を持った善人だ」と。
「各学校に武装した警備員を配置すべきだ」と。
こういうののことを思考停止って言うんじゃないんですかね?

「人を殺すのは人であって銃ではない」というのがスローガンだそうです。
それを言うのはズルくないか?

武装した警備員を配置しても変わらないと思う。
だって、その警備員が乱射する日がくるかもしれないじゃん。

悪いのは人だというのなら、警備員が悪い人にならない世の中をつくれるのかね?
繰り返される乱射事件だが乱射したものは最初から悪いのかね?
生まれながらにしてすでに悪いのかね?
今回、声明を出した協会のあなたは悪くないのかね?完全に良い人なのかね?
仮にあなたが発狂してしまっても銃を手にしないという保証はどこにあるのか?
絶対に理性を失わないという根拠は何なのか?
「そこに山があったから」という登山家と一緒にするのは良くないが、
「そこに銃があったから」という理由で手に取ってしまう人もいるのではないのか?

理由はどうであれ、手段が何であれ、殺人は悪い。
世界はそういう方向へ向かってるはずだ。であれば、殺傷性の高いものは規制の対象になってもおかしくないだろう。

ところで、日本では銃ってそんなにどこにでも転がってるものじゃない。
だからかな?
子供が水鉄砲で遊ぶ時、その形は銃そのものだよね。
銃の危険性とか十分に知ってるアメリカ人が見たら、「ノーーーッッッ!」
って思うのかな?
届け出れば所持できちゃうアメリカ人としては、ああいう形状のものには例えオモチャであっても親しみを覚えることすら怖いことだと思ってるんですよね?そうであって欲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
カテゴリ
FC2ブログランキング
よろしくお願いします

ブロともになりましょう

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
健やか総本舗亀山堂
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。