カエル2

カエルその後

自然界に旅立った次の日、雨だったけど、覗きに行ってみた。

そしたらいなかった。

そりゃそーだよな。いたらいたで「フフッ 、いるいる」って感じだけど、いつまで経っても子離れできない親バカになっちまう。
だが、それはいかん。だからこれで良かったんだね。もうホントに祈るしかない。それだけだな。

それにしても寂しいのぅ。
スポンサーサイト

カエル2

カエルが跳んだー カエルが跳んだー
あなたはひとりで生きられるのねー

カエルがジャンプした。さすがにジャンプする瞬間は撮れないなぁ。滅多に跳ばないもんねー。

ジャンプするくらいだし、よく動くようになったし、ツボカビの問題も一応はクリアしてるっぽいし、自然界に旅立ってもらうことにした。脱皮も見れたし。脱皮に関してはちょっと悪いことしちゃったなぁ・・・。ゴメンね。
ただ、お腹の具合がどうなのかよくわかんない。生きた虫を目の前にチラつかせてもまるで興味なし。

別れの舞台はどこで?などと、おどけてみせるのもこれで最後ね。

元気で生きてね。クルマに踏まれないでね。蛇に噛まれないでね。
祈りは尽きない。

2DSCF2467.jpg
試しに放してみるとアッという間に潜っていく。もっとちゃんと考えて欲しいんだけどなぁ。

2DSCF2468.jpg
切り株があったからそこに移してみた。これで最後ね。心を鬼に。

2DSCF2470.jpg
それでもすぐに潜る。もっと森の奥の方へ行った方が安全なんじゃないのー?草刈マシーンにやられちゃったりしないだろうか。まぁ良いか。御本人がお決めになったことだし。

2DSCF2477.jpg
潜るときは後ろ向きなのね。両足を使って落ち葉を押しのけて場所を作る。そして落ち葉の下へ潜り込んでいく。

2DSCF2496.jpg
ケガで一番心配してた右腕を最後に見せるあたりが何とも憎い演出じゃないか。ただの偶然だけど・・・。

2DSCF2490.jpg
わずか十数分で見えなくなった。ホントにそこで良いのかい?と何度も問いかけながら完全に見えなくなるまでお見送り。

3時間後に見に行ってみたら、いなくなってた。と思ったらいた。より深く潜ってた。
すぐ隣に住宅地もあって、そんなに頻繁に見に行くわけにもいかない。絶対不審者扱いされる。でもたまに覗きに行ってみようかな。

カエル2

ちょっと寝てもらいました。暗くすると寝てくれる。
寝顔も見たいじゃない?
出来れば手の上で寝かせたかったんだがなぁ。

2DSCF2421.jpg
手に顔を乗せて寝るんだね。明るくすると起きてしまうからシャッターチャンスはそんなに長くはない。

2DSCF2415.jpg
上から。小さく丸まって可愛い。

これだよね。これがカエルの魅力だろ!
犬猫にも決して負けない魅力だろ!

カエル2

何がカワイイって手がカワイイんだよ。

2DSCF2452.jpg
いっぱい撮らせてもらった。薬指が長いんだね。

2DSCF2453.jpg
カワイイ。水カエルは指先が吸盤になってるけど、陸カエルは普通の指をしてるのが多いのかな?

2DSCF2395.jpg
当たり前だけど、赤ん坊の手より小さい。しかし、ちゃんと 手 の形をしてて、この手の感触何とも言えない。
いわゆる両爬マニアも同じ思いなのだろうか?オレも本格的に両爬デビューしてみたくなるなぁ。

2DSCF2399.jpg
これは右手の手のひら。無理やり撮らせてもらいました。
親指の名残?らしき突起が見える。

こうやって写真を撮ってると人間って何なんだろうって思えてくる。圧倒的な文明を手に入れて、生物多様性について議論している。人間が大昔に戻れば良いだけの話しなのにね。文明が生物の多様性を害してると思うんだよね。
でも文明を捨てられないもんな。人間はもう、人間をやめられない。生物に迷惑をかけずに人間を続けていくことを考えなきゃいけないんだね。

カエル2

コメ返に代えて

2DSCF2425.jpg
ケガしたときにクチの形がちょっと変わっちゃったっぽい

カエルは本当にかわいい。
でもそれは適度な大きさだからかもしれない。あんまり大きくなりすぎるとちょっと怖くなってくるよね。トカゲなんかもそうでしょ?すっげぇでかいナントカトカゲとか怖いじゃん。
そういえば金魚もあんまり大きくなるとカワイイというより憎たらしさが芽生えてくる。最終的には真っ赤なヘリコプターに見えてくる。
バクバク餌食べてさ、ついでにドジョウをくわえちゃったことがあったな。くわえた金魚もくわえたれたドジョウも一瞬の静寂の後バシャッと離れたけど。何が起きたのかわかんなかったっぽいな。

さて、先日保護したカエルですが、最後まで責任を持って飼おうと思っていたわけではありません。ケガをしてて満足に動けなかったので、治るまで安全な場所を提供してあげようと思ったんです。そしてその間のエサの問題やら住環境やらを調べていたら、カエルツボカビ症の問題がかなりの確立でヒットして、飼育したカエルを野生に戻してはいけないよと出てて、「ゲロゲロッ!マジかよ!」的な焦りを感じたわけです。

助けたカエルをケージの中で死ぬまで面倒見るということになると、何のために保護したのかわからん!生命をつなげていって欲しいと思うからこそ保護したわけで。それでも悲惨な姿で死ぬか安らかに死ぬかの差は大きいんだけどね、俺的には。

何とか野生に戻せないかと悩み、思い巡らし、考えた。
そこでカエルツボカビ症 コア獣医師の野村先生にメールしてみた。
わずか数時間のうちに返信をいただくことができ、
「他にカエルを飼育しておらず、ツボカビ症特有の症状が出ていなければ問題は無いだろう」とのことでした。
ご指導いただいた野村先生に厚く感謝申し上げます。

映画

『悪人』を観た。

いや~妻夫木くんがもう別人。鬼気迫る感じってのはこういうことを言うんだろうか。

ただなぁ、岡田将生があんまり好きじゃないんだよなぁ。満島ひかりもあんまり・・・。キレイだとは思うんだけど、岡田も満島も口元にやたら力が入ってる感じが何かあんまり・・・。まぁそれはどうでも良いか。

深津さんが賞とってたね。そんなに凄かったかな?って思ったけど・・・。まぁ良いか。

俺的にはモロ師岡の言葉と樹木希林が深々と頭を下げるところが良かったなぁ。

あとは映像が良かった。灯台で海をバックにした深津はキレイだった。写真とは違うのかもしれないけど、いわゆるボカシが効いてて良かった。勿論後ろの海にもピントが合うなんてことは有り得ないと思うけど、でもああいうのを撮りたい。写真撮りたい。

それにしても妻夫木くんのヒゲが伸びないんだよなぁ。逃走中もちゃんと剃ってたってこと?そういうの気になり始めちゃうとダメね。ちっちぇーヤツと思われるかもしれんが・・・。


こないだの『BECK』について
エンドロールで面白いの見っけたのを書くの忘れてた。

オウムの声(水嶋ヒロ)

これから観る予定の人はオウムの声に注目してみてはいかがかな?
最初の方だよ。

カエル2

2匹目のカエル

2DSCF2251.jpg

家のすぐ近くの道で保護した。
雨上がりの夕方に道路を渡ろうとして何かに顔を轢かれたらしい。
多分自転車。

毎年カエルが死ぬ道路なんだ。内臓破裂など悲惨な現場になることが多い。渡り切れないんだね。
が、こいつは奇跡的にクチから血を流してるだけで他に外傷は無い。それと背骨が曲がってしまったようで、そのせいか右手の動きが良くない。
左からぶつかって頭をグキッとやってしまったのかな?そのときにクチをケガしたのかな?
やっぱ自転車っぽいな。

ところで、
毎度のことだが、これは何というカエル?
ネットで調べてるのだが、ピンとこない。ヒキガエルなんだろうけど特徴と合致しない。特別珍しい種がいる地域とは思えないから何となく検索してヒットしたものが該当してるはずなんだがなぁ。

ヒキガエルは敵に掴まれると耳腺やイボから乳白色の毒物を出すらしいが、まだ見たことはない。
この事実を知る前からすでに素手で触り、手に乗せて観察してるのだが・・・。大丈夫だよな・・・。
それとも人間はもう、敵という概念を突き抜けてるのだろうか?
人間って、つくづく罪作りな生き物だよなぁ。

こいつを保護した道路も、その両側でかなりの高低差があり、一方には山、そしてもう一方には川がある。
車に轢かれるカエル達は皆、山へ向かう途中でこの道路を渡ろうとしてるんじゃないかと推測している。
環境アセス的な問題があるのではないか?

しかしカエルほど自分の身の危険に対して無防備な生き物っていないんじゃないか?
車に轢かれて死ぬなんてミミズと同じじゃないか。
だが、冬眠のメカニズムはスゴイらしい。

それにしてもカエルってかわいい。
ちょっと大きくて動きがゆっくりなカエルの方がかわいいかもしれん。じっくり見れるからかな。自分から寄ってくることは無いが、捕まえると必死でしがみついてくる。この必死さはピョンピョンはねるアマガエルには無いかわいさではないか。

問題は、この後どうするか。
右手の具合もかなり良くなってきた。
ツボカビ症の問題もあるから一度飼育したら野生へ戻してはいけないとwikiに載ってる。
となると、庭で冬眠してもらうしかないのだが・・・。
今日試しにちょっと庭に放してみたら、良い場所を見つけたみたい。その場所でず~っとじっとしてた。
うちの庭が冬眠に適してるかどうかもうちょっと調査しよう。

軽鴨

コメ返に代えて

カルガモは逃げないよ。むしろ近くを通る人みジロジロ見られてこっちが逃げたくなるよ。
川岸のフェンス越しに撮れば全然平気。そもそも奴らはこっち見ないし。そりゃ1メートルくらいのところで撮れたら最高ですね。良いカメラがあればもっと良いよね。多分。
なんか道具に頼り過ぎてる感じがして嫌だけど、認めざるを得ないときもあるよね。


軽鴨

カルガモ

別の日に、同じ川の別の場所で、たぶん別の群れ。

2DSCF2106.jpg
寝てます(横から)

2DSCF2118.jpg
すばらしい安定感(前から)

2DSCF2159.jpg
このお腹のまん丸い感じが良い。触りたい。手に乗っけたい。抱っこしたい。たまらんなぁ

2DSCF2132.jpg
寝起きに弾丸ジャッキー
いや~カッコいいなぁ

2DSCF2165.jpg
こちらも弾丸ジャッキー
ズームに頼りすぎて画質が荒い。でもこうするしかなかった。
近づくことができれば良いんだけどね。

いや、マジでこんなに大きな鳥を抱っこできたら相当癒されるだろうなぁ。まぁこちらから近づくわけにはいかんからなぁ。

雀蜂

コメ返に代えて

以前、家にスズメバチが巣を作ったことがあるんです。
しかもボクの部屋の壁に。

エアコンのホースのすき間を埋めるガムみたいなやつの穴から壁の中に侵入し、巣を作ってた。

やたら蜂が飛んでるなぁと不思議に思ってベランダを探してみたらボクの部屋の壁・・・。
部屋の内側から壁をトントン叩くと壁の中から ブーン って音が聞こえるの。マジ怖い。

母親に、業者を呼ぼうと話すと、
「良いよ、私がやる。殺虫剤買ってくるわ」って
ダメダメ!絶対ダメ。死んじゃうからw

何とか説得して(普通は説得する必要など無いんだが・・・)、業者を呼ぶことに。
屋根裏からの作業で結構お金もかかったみたいなんだけど、まぁ一安心・・・と思いきや。
仕事が終わって帰宅して、部屋に入ってみると、窓際に死にそうなスズメバチが1匹ウロウロしてる。しかも窓の内側に。何故?

結構怖い夢も見たよ。エアコンかけたら噴出し口からハチがブワ~ッと出てくるんじゃないかとか。ホースに穴が開いてたら有り得る話でしょう?マジ怖かったな。

ところで、スズメバチに活動領域ってどの辺りなんだろうか。
ボクの家は山に程近い住宅地だけど、他の虫たちと同じように当たり前のように飛んでる。
これは普通のことなのか?それともそうなってきたのか?
人間が悪いことをしてるような気もするけど、だからと言って刺すこと無いだろ。しかも死ぬかもしれないくらい強力な毒針でもって刺すというのはどうなのかな?
ミツバチみたいな良いハチになれば良いのに。最近、ミツバチ少ないんだから代わりに受粉の手伝いをすれば喜ばれるし、褒められるのにね。
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
カテゴリ
FC2ブログランキング
よろしくお願いします

ブロともになりましょう

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
健やか総本舗亀山堂
RSSリンクの表示
QRコード
QR